大津市地域型保育施設とは

地域型保育施設とは

大津市では待機児童対策として、平成22年4月より家庭的保育モデル事業として家庭的保育室を3室立ち上げ、毎年少しづつ増やし続け平成26年には19室にまで増やしてきました。

さらなる地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていくため平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、「地域型保育」という保育事業が新設されました。

地域型保育には「家庭的保育室」「小規模保育園」「事業所内保育所」「居宅訪問型保育」の4種類があります。

このホームページでは対象とする児童が同じである「家庭的保育室」と「小規模保育園」について紹介しています。

このページのトップへ